RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: category:-
-, -, pookmark
「おいしい毎日」とは。


会社の自席が寒すぎて、オフィスカジュアルを
キメてるどころじゃなくなっているマユりんです。

あまりにも寒くて風邪をひいて
上司が慌ててマユりんの席に1時間おきの気温を
記録できる温度計を置きました。

朝の9時が12度で、日中でも20度を越えたことがアリマセン。
席にはいないけれど、朝の4~5時は6度だそうで。。
どうしたらいいの。。。

ま、それはいいとして。


最近、この日記「おいしい毎日」を長年愛読してくれている友人の中に
「おいしいゴハンを毎日載せるブログ」なのにどうして毎日の
ゴハンを載せないの?と勘違いしているヒトがいたので、
逆に驚いて、何年見てるんだい?と聞き返してしまいました。

この日記は
ゴハンに限らず日々の「おいしいとこだけ」書いていくという
非常に都合のいい日記なのですよ。

・・・時々愚痴ってるよね?うん。そうだけど。

ということで、今日は期待通りめずらしくここしばらく続いた
おいしいできごとをタラタラと綴ってみたいとおもいます。

まずはゴハンから。

12月に入ってすぐの土曜日。愛しのみーじゃさん(千葉在住)と、
みーじゃさんの従姉妹かよっぴさん(静岡在住)と、マユりん(神奈川県在住)
の3人で東京駅で待ち合わせをして、とっても優雅なランチをしてきました。

マユりんがこの日のために予約したのは!

フォーシーズンズホテル丸の内東京の中にある
ekki BAR & GRILLのアフタヌーンティーです。


食べたものの一部。




ほーーーーら!ゴージャス!
右手手前に見えますは和牛ハンバーグの挟まったミニバーガーで
ございます。その左がなんかのサンドイッチ、その左がなんかのタルト
(もう全部忘れた)のいわゆるとびっきりおいしい「軽食」でして。

それ以外はマカロンやプチケーキやムースやスコーンなどの
あまーい、あまーい、おいしいもののオンパレードでした。

至福。。。

と言いたいところなのですが
いや、至福であったことには間違いがないのですが。。

実はね、待ち合わせ後すぐに銀座で朝ごパンがわりにケーキを食べていた
腹ペコなおのぼりさん(わたしたち)3人。

このアフタヌーンティーの時間におなかいっぱいになっているなんてことが
あってはいけない!と早めの対策をしたつもりだったのだけど。。

マユりん、アフタヌーンの時間にちゃーんとおなかはグーグーになっていたにも
かかわらず、まだ口の中が甘くて甘くて、本来女子が「別バラよね〜」
と言って何を差し置いてでもペロリと平らげるスウィーツ部門を
完食できなかったのです。。。うーん、悔やまれる。

こういうのはさ、きっと自分でお口直し的なものを用意するのがいいよね。
ちょっとしたものね、塩昆布とかカリカリ梅とか。。。
という発想がこのときに限ってなかったんです。

いや、あったとしてもあんなセレブな場所で「ちょっと失礼〜」といって
塩昆布をモグモグするなんて絶対できないけど。

さ、次のおいしいものにいきましょう。
さらっとね。

はい、ドーン!



おうちの近くにできた大きな大きなショッピングモールのフードコートに
おいしいシラスのお店「とびっちょ」が入りました。
そしてこれはシラス丼です。

マユりんはシラスは断然釜揚げ派なのですが、運がよければ生シラスも
食べられますよー。お近くに来た時は是非お試しください。
ビックリするくらい大きなお椀で、おぼれるんじゃないかってくらいのシラスを
食べてますよー。

お次はおうちごはん。いつだったかな、の、ハヤシライス。





最期は昨日。食べたてほやほや。
ひーーーーっさしぶりの焼肉です。



ホタテ独り占め♪
いっぱいたべて、大満足。



では。次はキラキラ編。



これは丸の内のイルミネーション。
けっこう青くて白いキラキラでそれはそれでキレイだったんだけど
みーじゃさんのところに写真があったので、マユりんバージョンに加工しました。

みーじゃさんは都会のキラキラが大好き!なんだって。
私もよーーーーーーーーーーーーー!
キラキラはどこでも大好き♪

次はここ。




おうちのちかくのショッピングモールのイルミネーション。
ものすごーーーく青くて、ちょっと目がクラクラします。

そして!




我が家のクリスマスツリーです。
去年はまだ風ちゃんがイタズラするかも?と思って自粛していましたが
今年は出しました!

大きいよー。



ほらね。180センチ。
毎日おうちがキラキラチカチカしています。


最後に。夕陽編。
相変わらず、休日の夕陽眺めに命かけてます(ほんと)。

これは2週間前。





先週。




今日。



この時期は海に沈むの。。

幸せです。
これらが私にとっての「おいしい」こと・・なの。

以後よろしくです。

PS:風ちゃんも最近のことを紹介しています。

PSのPS:迷子犬のビークルチビ君が未だ見つかっていません。
引き続き、情報提供を待っています。

author: category:よろこび
comments(2), trackbacks(0), pookmark
ベントー?


最近は、寒かったりぬるかったり
色々な天候で疲れちゃいますね。

お仕事をしている時のマユりんの冬の平日のお楽しみは、
朝の富士山眺めから始まり、夜のお月様と一番星眺めなのですが、
どれも見えたり見えなかったりの繰り返しで
今月はあんまり冬って感じがしません。

まあ、朝と夜は既にイヤだなと思うくらい寒いんですけど。


さて。

先週の金曜日のことですが
朝一番で上司のピーターが私の仕事部屋にやってきて
開口一番「ベントー(持ってきてる)?」と聞くので「ノー」と言ったら
ランチに誘ってくれました。

その前の日に「ゴルゴンゾーラは好きか?」と聞かれたので
オフコース!大好きです!と答えていたのですが、
誘われたランチはそのゴルゴンゾーラのピザがあるお店でした。





ボケておりますが、右上がゴルゴンゾーラのピザです。
はちみつをたらーりとたらして食べるのです。
大好きな組み合わせです。
思わず、ワインをください、と言いそうになりました(笑)。

その下のピザはきのこのピザで、左側はサーモンとタマネギの。

どのピザにも、左上のサラダの葉っぱを乗せて、オリジナルの
サラダゴルゴンゾーラピザとかにして食べました。

食いしん坊上司を持って幸せです。
ただ。。。容赦ない早口の英会話が苦痛です。
半分以上聞いていないと思います、私。ふふ。

PS:今日は風ちゃんと海に行って遊びました。
海から夕陽を見ようと思ったのですが
曇っていて風がビュービューで夕陽どころじゃありませんでした。
でも、とっても楽しい海辺でした。


author: category:よろこび
comments(2), trackbacks(0), pookmark
決まりました。


祝!

11月からのお仕事の採用決定が出ました。
ワクワク&ドキドキ。

同時に風ちゃんもお留守番犬再開です。
既に何かを悟っている様子です。
なんというカンのよさ。え、もしかして野生?

最初は淋しいだろうな、私が。
すぐに慣れるかな。。


でですね、新しい職場には「オフィスカジュアル」
というドレスコードがありまして。
このオフィスカジュアルっていうものはとても幅広く。
定義がありそうで、職場によって全然違うのですよ。

ブーツダメとかピンヒールダメとかサンダルダメとか
キャミソールダメとかヒョウ柄ダメとかショートパンツダメとか
会社によってほんとに色々なんです。

まあ、ブーツ以外、マユりんにはもうすっかり縁がないんですけどね。

今回のところで今わかっていること。
それはデニムダメ。これ、イタイ。

マユりんのライフスタイルはほぼ100%ジーンズで成立しているといっても
過言ではないからです。今までの職場も含めて。

靴だって3月以降、ブーツとビーチサンダルしか履いてませんからね。
ブーツったってあれですよ、ムートンとかね。
楽チンなんです、スリッパみたいで。

ああ、困った。

実際は行ってみないとわからないのですけど、とりあえず一週間は
観察しないとと思って、新しいものも買っちゃう?という気持ちを抑えて
慌ててオフィスカジュアルの定番アンサンブルニットやら
ブラウス(シャツではない)やら、スカートやら出すことにしました。

と、同時に衣替えも今流行のときめく方式を採用することに。
でもねー、ときめいてばっかりだろうなー。きっと捨てるものなんて
ないんだろうなー、と思ったらそうでもありませんでした。

いっぱいいっぱいときめかないお洋服やバッグや靴が。
うれしい。アタシ大人になったんだなー。

ごっそりゴミが出たので、市の環境センターに電話をして、
大量の資源ごみと不燃ごみを一気に捨てられる方法を質問し、
いい方法を聞けたので、すっかり気分すっきり。
一気じゃないとね、こういうことは。

とりあえず最初の1週間は大丈夫そう。
と思えるところまでやってやりました。よくやった自分。

今の懸念はレギンスNGってことだけはありませんようにってこと。
けっこうそういうところもあるようなので。

レギンスがダメだと、タイツオンリーよね。
誰も私のハイソックス姿なんて見たくないよね。。

神様おねがい。←切実。


さあ、あとは通勤定期を買えば、事前準備完了。

新しい人たちに会ったり新しいことを覚えたり。
しばらく一部分しか使っていなかったお脳を
フル回転させる日がまたくるけれど
なんとか最初の緊張する日々を乗り越えて、
楽しくやっていけたらなと思っています。願っています。

専業主婦生活残り3日。
今のうちにたっぷり日中のお日様を浴びておきたいと思います。
この8ヶ月、毎日浴びまくったけど!

PS:風ちゃんのところは今日はお休みです。
毛布にもぐってばかりで、同じような写真しかないことが理由です。
耳だけ出てるとか、鼻だけ出てるとか、手だけ出てるとか。

あとで海でも行くかねー。

author: category:よろこび
comments(4), trackbacks(0), pookmark
「マユりん」

コナミンについて書きたいと思う。

コナミンは、友人ちぃちゃんの愛娘であり今1歳半。
模範的な「子供の可愛さ」を現在無償大放出中である。

最近のコナミンは言葉がすごい。

こちらのいうことをオウム返しのようになんでも繰り返して話すだけにとどまらず
自分からも「怖い虫さんがいた」とか「その虫さんを昨日パパが私の胸に
つけたの!」「コナミン、エーンって泣いたの」ということを説明しに来たりする。
※この辺の込み入った言葉になるとさすがに不安定だが、
コナミンが何を言いたいかはこちらにちゃんとわかる。

2週間ほど前、コナミンと風ちゃんと遊んでいて今まで「ワンワン」としか
呼べなかった風ちゃんの名前を改めて「風ちゃん」と教えたら
「ぅーちゃん」と呼べるようになっていた。

そして風ちゃんのいないところでちぃちゃんが風ちゃんの写真をコナミンに見せて
「これだあれ?」ときいたら「ぅーちゃん」と答えたそうだ。かしこいかしこい。

ちょうどその頃(毎日のように会っている私たち)、コナミンのおうちで
「マユりん」というのも教えていた。最初は「?」って顔をしていたが
マユりん=私ということがわかったようで「マーいん」と言えた。

それから何回か「マユりんって言ってみて」と繰り返し、
付き合いのいいコナミンは毎回上手に「マーいん」って言ってくれていた。

さて、そのコナミンと先日キャンプに行って丸々2日間一緒に過ごした。

一日目。
出発してすぐにちいちゃんとスーパーで買出しをしていった。
最後のほうにぐずりだしたコナミンは、パパと一緒に先に車に戻った。

買い物を終えて車に戻ると、リアシートでジュースを飲みながらくつろいでいる
ご機嫌の治ったコナミンがちょこんとかわいく座っていて、私を見つけてこう言った。


「あ!いた!マユりん!」



・・・全米が泣いた。



それは、初めてコナミンから発せられた完璧な発音の「マユりん」だった。

その後キャンプ場では大人が9人いて、ジョリちゃん以外の全員が
私のことをマユりんと呼ぶ環境だった。

コナミンの「マユりん」はどんどん上達していき、「風ちゃん」の発音も
もう完璧だ。なんとうれしいことだろう。

ところで、コナミンは強烈なママっ子だ。
生まれてから一年半、いつでも、どの瞬間でもママがいないとダメだ。
パパも好きだけど、基本はママじゃないとダメで、ママが絶対で、
ママの腕枕じゃないと眠れない、ママしか目に入っていない。

二日目。
そんなコナミンとキャンプの帰りにお風呂へ寄った。

和気あいあいと一緒に露天風呂につかり、マユりんの大好きな光景、
「子供がママのひざの上で上向きに寝て頭を洗ってもらっているときに
おっぱいを飲む」は特にじっくり堪能し、
気持ちよくお風呂を出てロビーに行ったらコナミンのパパに遭遇した。

出会い頭にパパに抱き上げられたコナミン。

パパの腕から思いっきりのけぞって「ナイ!ナイ!(イヤだという意味)」と
泣きながらママを探した。パパを完全拒否、ママじゃないとダメな瞬間だった。

しかしママであるちぃちゃんは、ちょっとへこんだ所にある自販機で
飲み物を買っていたので、コナミンはママを見つけることができなかった。

困ったコナミン。ピンチ到来!泣くぞ〜〜〜〜の前触れ。

しかし!その瞬間、コナミンは泳ぐ視線の中に私を見つけたのだ。
するとすぐさま、救いを求めるように両手を伸ばしてこう言った。



「マユりん!マユりん!マユりん!マユりん!」



・・・この夏、あなたに贈る感動の超大作。


ついに・・・パパを越えてしまったマユりん。
もういっそ、家族と名乗っていいですか?

PS:風ちゃんにも世界が号泣する奇跡が起きました。
そのお話しはまた次回。風ちゃんブログの更新も、来週になります。

よい週末を!

author: category:よろこび
comments(6), trackbacks(0), pookmark
版画展のお知らせ。


本日より
友人の版画家「片岡まみこ」の個展が始まりました。



↑ これ、版画です。

場所はプランタン銀座の「ギャルリィ・ドゥ・プランタン」
本館6F、エレベーター近くで開催されています。

日程は
2011年 8月 2日(火)〜 8日(月)11 : 00 〜 20 : 30
(日曜日は19:30、最終日は18:30まで)

お近くを通りかかった際は是非お立ち寄りください。
マユりんは、7日にお邪魔する予定。


= 内容(片岡まみこHPより) =

猫好きサイエンスライター竹内薫さんとの絵本、
「宇宙のかけら」からの版画を展示販売いたします。
オリジナル版画も数点展示する予定です。


PS:風ちゃんは明日からフリーダムです。

author: category:よろこび
comments(0), trackbacks(0), pookmark
最近食べたもの。


今日は、最近食べたおいしいものをご紹介。

■まずは、いつも風ちゃんと行く公園で夏のお楽しみ盆踊りの
お祭りが今年も開催されたので行ってきました。

この盆踊り、いつもは土日の二日間で開催されますが
今年は各地夏のお楽しみが自粛傾向にあるため
この公園でも日曜日だけの縮小版。

でも、楽しみにしている花火はちゃんと行われました。

私たちは芝生に陣取って、明るい時間から宴会です。



芝生の上でポットラック(持ち寄り)パーティー♪

ちいちゃんはひじきの炊き込みご飯のおにぎりとえだまめとゲソ揚げ。
おにぎりはマユりんの分は海苔なしにしてくれてました。
※マユりんて、ぬれた海苔がちょいと苦手。嬉しい心遣い。

えみちゃんは焼きそばとポテトサラダを。
各家族用にパッキングしてきてくれました。

マユりんは鶏と玉子のさっぱり煮。
お酢をたっぷり使っていますが、お酢の味はぜんぜんしません。
お酢の苦手なえみちゃんジョリちゃんでも食べられます。

そして、ちいちゃんの愛娘「コナミン」の恋人「いっくん」もゴハンを持って来てくれました。
いっくんママはすりおろしにんじんの入ったパンでフレンチトースト(おしゃれ!)。
そしてなんとデザートをその場で作ってくれました。

サイダーに色んなカットフルーツをいれたもの。これすごくおいしかった!

みんな小さな子供がいるのにマメだな〜〜〜〜と感心。

どれもおいしくいただき、おなかいっぱいに。
ついにお祭りなのに縁日で何も買わない宴会を実現させてしまいました。

エコエコ。
すごく並ぶしね。

暗くなってすぐに始まった花火。近くの大学が主催するもので15分間という
短い時間だけど、中止にしないでくれてありがとう。


■さて、次に。

ソウル帰国後、初めてサリーと再会しました。
場所は恵比寿の「ソナム」という韓国料理のお店。

別の元同僚がお店を予約してくれたので3人でいざ日本の韓国料理を。

メニューに「レバ刺し」「ユッケ」があったのですが、
さすがにユッケはないだろうと思い店員さんに「レバ刺しください」といった私たち。

店員さん:「レバ刺しは今ないんですよ〜」

やっぱりなぁぁぁぁ。
そうだよなぁぁぁぁぁぁ。

という私たちに、

店員さん:「ユッケはありますよ!」

え!!!

この時期にユッケを出すなんて、行政からのお墨付きに違いない。

ということでユッケ食べちゃった♪



輝くユッケ(手前)と、まぜたてキムチ(右上)、それとチョレギサラダ。
これだけでお酒がすすむ。ユッケはおかわりまでしたよ。

こんなことならカメラ持って来ればよかった〜(これは携帯画像です)。

それから、友達お勧めのカムジャタン。



豚の骨(まわりにちょっとお肉がついている)、ジャガイモ、春菊を
真っ赤な辛いスープでグツグツ煮込んだもの。

でも見た目ほど辛くはありません。最期はラーメンを入れて〆ました。

おいしかったー!また行きたい。
マユりんは今まで日本で「韓国料理」って、それほど意識したことがなく。
でも今回のソウル旅行で目覚めたので、これからは韓国料理をいっぱい
食べたいと思っています。色んなお店に行きたいな!


■番外編

韓国で買ってきたおいしいもの2点。



右側はソウルのどのお店でもたいてい出てきた「イカの塩辛」。
いわゆる日本で食べる塩辛の味付けとはちょっと違って、
チャンジャみたいに甘辛く味付けたもの。

どのお店でもおいしかったので買って来ました・・がこれはちょっとしょっぱすぎた。

左側はチャンジャ。タラの内臓です。
これ、めちゃくちゃおいしくて毎日のように食べています。

で、おいしい食べ方を現地の人に教えてもらったのだけど
なんと、クリームチーズをまぜて食べると言う方法。

早速試したけれど本当においしい。ゴハンと一緒に韓国海苔で巻いて・・・。
ああ・・・今夜も食べようっと。




上の写真は(ボケボケでごめん)、オリーブオイルの韓国海苔。
パッケージに書いてある「オリブ油で焼いた海苔なので」がツボで写真を撮りました。

「海苔なので」。で終わり?

この海苔は空港の免税店で見つけた韓国海苔セットで
このほかキムチ味、わさび味、普通の韓国海苔味がありました。

それぞれおいしかったです。

PS:いつも気ままな気まぐれ犬風ちゃん
にっこり笑顔の撮影に、ついにギャラ発生!?

※ソウルレポは、今日の午後に4日目(最終日)までを仕上げるつもりです。


author: category:よろこび
comments(2), trackbacks(0), pookmark
おめでとう〜。

ソウルレポを放置して・・・ちょっとまた余談をひとつ。

マユりんが昨日、風ちゃんと朝んぽをしていたときのことと、
夜のことと、思ったことを記録しておきたいなと思う。

海から直線距離で700メートルの我が家。
風ちゃんと一緒にテクテクと海や公園に行くには、海と我が家の間にある
団地の中を歩いていき、公園を通り抜けて海に出ます。

海までは通常10分かからないんだけど、うちの風ちゃんは
道路の右側も左側もくまなくクンクンしたいらしく、まっすぐ歩くことはなく
あっちやこっちに蛇行するので海に出るまでに20分くらいかかっているのが現状。

そしてこの時期は暑いので、海に出る前に風ちゃんのゼーゼーハーハーが
はじまってしまい(本犬は見た目ほどつらくないらしいケド)、飼い主マユりんの
判断により、海に出ずに今日は公園までにしておこうね、ということが多い。

ちなみに、秋や冬や春は、まずは海に行って走って走って、それから公園で休憩
するというパターンが多い。まったく、夏以外で雨が降っていない、強風で砂が飛ぶ
ってとき以外は、何時間でも外にられて楽しいのになぁ。

・・長い前置きになってしまったけれど・・・話は昨日の朝んぽのときのことに戻ります。

団地を抜けているときのこと。
早朝のシーンと静まり返った空気の中、突然マユりんの耳に飛び込んできた声。

「やったあああああ!優勝〜〜〜〜〜!」

なんのことか、すぐにわかった。
団地の中の一室でだれかさんが、窓を開けてなでしこJAPANの決勝戦を見ていて、
その瞬間の雄たけびだったのです。

優勝したんだ〜〜〜、強豪アメリカに、あの身体の大きいアメリカ女性に
小さい日本人たちが勝ったんだ〜〜〜とは思って、ちょっと嬉しい気持ちで
朝んぽを継続できた。

マユりんは野球世代(親も含めて。そして私自身野球部マネージャーという
過去を持っている・・・何をしたかはさっぱり覚えていないが)なので、
サッカーに対して興味はゼロレベル。大きな試合の時だけTVで見たりするし、
きっとそれさえもジョリちゃんと暮らしていなければしないだろうという感じ。

ましてや女子サッカーのナショナルチームの試合なんて、存在自体
気にしたことがなかった。。。

でも。今回のワールドカップは・・・なでしこJAPANがドイツに勝った時点で、
なんかこれってすごいことなんじゃないかと思って、実は小さく感動していたのです。

それは、ドイツに親戚がいるからなのか。答えはYES。

日本で生まれ25歳まで日本で生活し、
その後、単身ドイツのハンブルグに音楽の勉強をしに行った叔父、
その叔父と現地で知り合って結婚に至った叔母。
日本人の顔をした国籍ドイツの従兄弟たち3人。

そのうちの一人が結婚したドイツ人女性、そしてその2人から生まれた
ドイツ人の子供。合計7人。に、従兄弟の従兄弟という立場の日本人がひとり。

これだけいれば、マユりんはドイツを意識しないで生きていくなんてムリ。

そのドイツで、日本のナショナルチームが勝つっていうことは
彼らにとってどういう気分なんだろうな〜、と考えていた。

でもきっとたくさんのドイツ人からおめでとうを言ってもらえただろうし、
きっと聞くまでもなく、従兄弟たちはきっと自分たちに日本人の血が
流れていることをきっと心から誇りに思っただろうととも、想像したりしていた。


そして夜になって、試合の全貌を見た(ジョリちゃんが録画していた)。
昼間のTVでダイジェスト的に前半何分と、後半何分と、延長戦のいついつに
それぞれがゴールして、最後はPKで日本が勝ったということを知っていた
マユりんだったけど、試合を見ていて・・・なんかちょっと・・泣けてきた。

女子サッカーのワールドカップの開催が今年で、日本が勝った。
このことに、ものすごい意味があるんだってことを、実感したのだった。

なぜそんなことを思うかと言うと・・・それはやっぱり震災があったからだ。

震災があったから。ううん、もっと厳密に言うと、福島原発の事故が起きたからだ。

地震と津波だけだったら、世界からかけられた言葉はお悔やみだけだったはず。
だけどあの頃・・・この日本に住んでいる私でさえ、知り合いの外国人から
なぜまだ日本に住んでいるのか、なぜ脱出しないのか、
いつでもこちらへいらっしゃい、政府は本当のことを言っているの?
あなたたちは正しい情報を得ているの?と質問された。

従兄弟や従兄弟の奥さんからも同じような内容のメールを度々もらって、
困ったらいつでも来てねと言葉をかけてもらっていたけど、
マユりんの返信には「ありがとう、でも私たちの地域はまだ大丈夫」と書いていた。
「大丈夫」に「まだ」言葉を必ず付け足すことはその頃とても重要だった。

そして、私が知っている外国に住む日本人たち、
またはインターネットで時々海外生活の様子を時々覗かせてもらっている
外国に住む日本人の人たちも、あの震災に伴う原発事故で、
生活圏内の知りうる人々から毎日、ことあるごとに
日本政府は一体何をしているんだ(または、なぜもっと機敏に動かないんだ)、
誰が本当のことを言っているんだ、なぜ両親や兄弟を日本から呼び寄せないのか、
危機管理がないのか、などなど、時には話したこともない隣人から、同僚から、
たまたまレストランで居合わせただけの人から、スーパーのレジでなど
本当にもううんざりするくらい色々聞かれ、指摘されていたと言う。

ひどい時は、日本は間もなく沈没するから早急に逃げ出せと言われた人も
いるらしい。あの原発建屋の爆発を目にしてしまったらそれも致しかたない
とも思うけれど・・・沈没って・・・。その言葉にどう返事をしたらいいのか
私にもわからない。きっと失笑もできず、困ってしまうばかりだろう。

日本に住んでいる私たちでさえ、日本政府がどれだけの事実を公表しているか、
誰が本当のことを言っているのか、福島以外は安全なのか、どの水が安全なのか
公園の草木はどうか、そもそも原発ってなんなのか、など知っている人は
どれだけいただろう(そして今もなお)。

ましてや、外国で生まれたのではなく、ある時期に色んな事情で外国に住むことに
なった日本人の人たちが、原発についてのその国の単語や言葉をただしく説明できる
ほどの外国語能力を持っているのだろう。と、思っていた。

でも、外国人にとってはそこに日本人がいたら、時には優しさから、
時には単純な興味本位から聞いてしまう、言ってしまう事もあるだろう。

私だって例えばこの原発問題がドイツで発生していたとしていたら
従兄弟たちに、いつでも日本に脱出しておいでと言ったと思う。

そういうものだ。

だからこそ。
なでしこJAPANの優勝は、意味があった。

きっと、各国に住む日本人の人々は「地震、津波」と「FUKUSHIMA」
以外で久しぶりに話しかけてもらえる話題であり、おめでとうと言ってもらえる
ことができ、ただただ単純に嬉しかったと思う。特にドイツではアンチアメリカという
意識を持っている国民が多いらしく、昨日の決勝戦では現地ドイツ人が
日本のチャンスやゴールの度に、立ち上がって両手をあげて、Yaaaaaaa!
と叫んだと聞いた。フランクフルトのあのスタジアムで、ドイツ人が日本人の
ゴールに歓喜する、応援する、抱き合って喜ぶって、私はすごいことだと思う。

よかった。日本人の女性の底力、粘り強さ、精神力の強さ。
あの試合を通じて、日本人はかならずきっとまた立ち上がれるという
確信を世界が持ったと思う。私もそう、信じてる。

女子サッカーでこんなことがわかるなんて、想像もしてなかった。

なでしこJAPAN、ありがとう。そして優勝おめでとう!

※これらはマユりんが勝手に思ったことです。個人の想像と気持ちです。
間違った見解があるかもしれませんが、単純に個人の記録と受け止めてください。

author: category:よろこび
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Challenge The Triple。

さてさて。お待たせ。

みんなが大好きな「サーティーワンアイスクリーム」で
6/1〜7/18までやっているキャンペーンが始まったよー。

今、ダブルを買うとトリプルに!というステキすぎるキャンペーン。

アイス大好き、でも1個120円以上のアイスを買うとドキドキしてしまう
マユりんは31のこの企画をいつも楽しみにしています。

キャンペーン中は2回は行ってしまいます。

でも一ヵ月半もやってるなんて、滅多にないこと。
そう、今回のキャンペーンはいつもの企画とはちょっと違うことをご存知?

このキャンペーン期間中のダブルコーン/ダブルカップの売り上げから1%を
ユニセフを通じて東日本大震災の被災地の復興へ
役立たせるというおいしくってうれしい企画。わーお、でしょ?

ということで、開始2日目の今日早速行ってきました。アイス!アイス!

いつも、トリプルはその場で食べきれないのでカップでお持ち帰りです。
その場で食べきろうとすると、最後は罰ゲームみたいな気分になり
おいしかったものがおいしくなく終わるのでいやなのね。のども渇くし。

さて、31でのマユりんの好きな組み合わせは・・・
これ言うと驚かれることが多いのだけど・・・。。

チョコミントとジャモカコーヒー。
これを組み合わせてもらって、まぜて食べるのが好きなの・・・。

とってもおいしいよ!ほんとだよーぅ。

カップへの入れ方もリクエストしちゃうよ。
チョコミント2個をまず最初にカップに入れてもらって、一番上にジャモカコーヒー。

それを家に持って帰ってきて、ドライアイスで遊んで(風ちゃんはこれが大嫌い)、
アイスそのものは寝る前やおめざのコーヒーと共に、
チビチビ食べるのがマユりんのお楽しみなのです。
時々わーーーっと食べちゃうけど。

今回のキャンペーン中は何回行けるかな。
みんなも是非、被災地への思いとともに、サーティーワンへ!
※マユりんのアイスはペットや家畜たちに役立つといいな。
でも復興って・・・・それも入ってる?(入ってない・・・様子)

PS:風ちゃんのところは今日はお休みです。

現在ジョリちゃんがあやしい愉快な一人旅中(詳細はまた今度)なので、
マユりんと風ちゃんはお留守番しています。2人っきり★
風ちゃんは玄関の方ばっかり気にしているけれど。。
どこかで物音がするたびにラブラブも一時中断。セツナイ。

犬って、不在の人を気にしますよね。。。

ではまた!

author: category:よろこび
comments(6), trackbacks(0), pookmark
すばらしき現代。


20数年前。

マユりんは英語の勉強をするために
カナダの大都会、トロントに住んでいました。

毎日ひたすら勉強し、合間に友達と遊び、ホストファミリーの子供や、
その他大勢のベビーシッターというアルバイトもしながら忙しい日々の中、
ホームシックも乗り越え、一年間を過ごしました。
土地柄、冬は寒く、夏は湿度のない快適なところでした。

生活の全てが勉強でした。
淋しかったり悲しかったり悔しかったり。
なんていうか、一人になるといつも泣いていた記憶があります。

でも持ち前の基本ハッピーな性格が、マユりんをとっても成長させてくれました。
いい想い出です。英語は今では海外に行ってあまり困らない程度に
残っています。といってもなんとかなる程度なんですけど。。

さて、そんな修行のような楽しい一年もそろそろ終わり、
ビザが切れる頃のことです。
帰国の数日前、とある本屋さんで映画コーナーに行きました。

日本に帰ってからも英語を忘れないようにと、何か買って帰ろうと思ったのでした。
そして2本、買って来ました。

その映画たちはもちろん字幕なし、そして当時の時代を物語るVHSテープの
映画でした。下にご紹介します。

そのいち:『When Harry met Sally』
タイトルを直訳すると「ハリーがサリーに出会ったとき」


   

大好きなビリー・クリスタルとメグライアンのものですが
当時はメグライアンもビリー・クリスタルも知りませんでした。

たしかこの映画はバーゲンになっていたんだと思います。
帰国後の教材として選択した記憶がうっすらあります。


そのに:『She's having a baby』
タイトルを直訳すると「彼女は妊娠しています」




これは、中学のときから大好きなケビン・ベーコン主演というのに惹かれ、
購入したものです。
※上の写真には邦題が書かれていますがマユりんが買ったVHSには
英語タイトルしかありませんでした。

どちらの英語も帰国からもう何十回と見たものです。
ストーリーもだし、想い出深いものでもあるので
人生で、一番好きな映画と言ってもいいかもしれません。

そして本当に英語の勉強にもなりました。

ジョリちゃんと一緒に暮らし始めてからも、一人の時間ができたときなどは
何回も見ました。それくらい大好きな2作品なのです。

そうして約20年・・・ことあるごとについつい何度も見てしまうという存在に。

が、時代は流れいまやVHSデッキの出番なし。

我が家も数年前からDVDデッキが導入され、今はこんな我が家にも
Blu-rayデッキがございます。VHSデッキも一応接続はされているようですが
たーくさんあるVHSテープはどこにしまってあるかさえもわからない状態。

最近になってもうこれらの映画を見ることもないんだな〜なんとも淋しいなぁ、
なんて思っていましたが、ふと、本当にふと、数日前に
「あ、もしかしてDVD化されているんじゃ?」
ということに気がついたのでした(遅い?)。

そして探してみたら、ありました。ので、買いました。

それが昨日届き、早速夕食の下ごしらえを終えてから
一人でじっくりと「When Harry met Sally」を見ました!
※VHSにはない、メイキングなどの特典つき。

マユりんビックリ。英語だけで約20年見てきましたが、
今回初めて字幕つきでみて、マユりんの中での会話解釈がおおよそ90%
間違っていなかったのです。ブラボー自分!

そして何よりも感激したのは、この映画買った時にまさか(約)20年後に
自分が愛犬をなでながら、愛犬にペロペロと邪魔をされながら
「ああ〜本当に大好きだ!この映画!」なんていう感情にひたることができる
なんて想像もしていなかったことに気がついたのです。

なんたる幸せなんだこれって。

今夜も夕食下ごしらえが終わったら、「She's having a baby」を
見る予定です。ケビン〜待っててね〜。
想像するだけで今から既にもう至極至福。

余談ですが、みなさんも外国映画を見る機会は多いとは思いますが、
邦題についてご意見たんまりございましょう。
マユりんももれなく、邦題のつけ方について異議あり!
という作品が多くございます。

今回マユりんが購入したこの2作品も
「恋人たちの予感」だとか、「結婚の条件」なんてとっぴょうしもない邦題に
仕上がってしまい、悲しい限りです。なんなんだこのセンスは。

かなりこっぱずかしいです。

で!も!

この2つの映画はマユりんにとってこれからも一緒に人生を
歩いていきたいと思うほど大切な大切な映画となりました。

本当にDVDになっていてうれしいかったです。


PS:風ちゃんは現在、楽しいお歌の特訓中です。

author: category:よろこび
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Wedding。

マユりんの、大勢いるいとこの中で女子はたったの3人。

その中で一番年下の従姉妹が結婚式をしたので
めいっぱいのおしゃれをして参列してきました。

一年以上前から楽しみにしていました。

とってもゴージャスで格式高い立派な結婚式でした。

彼女が生まれる前に産まれた従兄弟誕生から
しばらく経ってから私たち一族に加わったので
もうずいぶん大きくなっていたマユりんは
まるで自分の赤ちゃんのように扱った記憶があります。

マシュマロのように真っ白でふわふわの赤ちゃんだった彼女は
そのまま、マシュマロのような花嫁さんになりました。



親族の紹介では、新郎の父の紹介でおじいちゃんのことを
「新郎の92歳になる父」と言い間違えたり、
新婦の父は奥さんを「娘」と言い間違えたりと、
「こんなこと本当にあるんだね〜」というおもしろハプニングありで
大爆笑でした。あんな光景、テレビや映画でしか見たことがなかったので
ある意味とっても感動しました。

同じホテルで行われた披露宴もそれはもう、豪勢でした。
こんなにちゃんとした結婚式と披露宴をするなんて、えらい!

おめでとう、幸せになってね。

披露宴の後は、久しぶりに集まったので「いとこ会」をしました。

1軒目はドイツ料理のお店へ行って改めてビールで乾杯。
2軒目は・・・ふふ、2軒目もビアホール。

みんな、なんとなくドイツを意識しているんだね。
いつかみんなでハンブルグへ行けたらいいな〜。

普段なかなか会えることのないいとこ同士の会話はとっても楽しく
深く浅く広く狭く、色んな話しをし、しみじみと涙を流したり大笑いをしたりと
すごく充実していました。

ああ〜、家族ってサイコウ!
ますます家族ラブになるマユりんなのでした。
みんなひとくせもふたくせもあり、いとおしすぎる。

ここにおばあちゃんがいたら。。。これだけが淋しい要因でした。

また会おうね!

さて、みんなとわかれてから、新橋にあるというジョリちゃんの高校時代からの
お友達のお店に連れて行ってもらいました。

都内に出ることがめったにないジョリちゃんは、この機会に是非行ってみたかった
のでしょう。お友達はとてもいい人で、色々な楽しい会話をさせてもらいました。

帰宅は深夜になり、しゃべり疲れ、笑い疲れ、泣き疲れ、飲み疲れ、
座り疲れ、などでとにかく疲れて最後は具合が悪くなりましたが(汗)、
やっぱりとっても特別な、楽しい楽しい一日となりました。

PS:そんな一日、風ちゃんは早朝から深夜までお留守番でした。


author: category:よろこび
comments(0), trackbacks(0), pookmark